029-833-2222
【ご予約・お問い合わせ】

茨城県かすみがうら市下稲吉、常磐線「神立駅」。歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、歯科検診などのご案内です。

contents

よくあるご質問

一般歯科について

Q:妊娠中でも歯科の治療は受けられる?

A:歯科の治療に関しては、原則的には治療を行えない時期はないとされています。ただし、妊娠初期は一時的な処置でとどめておくのが一般的です。したがって、妊娠約5~7ヶ月の安定期が最も歯科治療を受けるのに適しています。


Q:妊娠中の歯の治療でX線写真を撮っても大丈夫?

A:歯科領域で用いているX線撮影方法では、胎児にX線が当たる事はないので危険度は相当低いです。ですが、当院では出来る限り行わないよう治療しています。妊娠の可能性がある方、妊娠されている方は第何週であるのかを必ずお知らせ下さい。

小児歯科について

Q:フッ素って何?

A:乳歯や生えたての永久歯は、エナメル質が柔らかくムシ歯になりやすいので、フッ素を塗布しムシ歯になりにくくします。0~12歳までが対象年齢です。
・3ヶ月に1回、定期的にお受けする事をお薦めします。
・1回のフッ素吸収量は微量ですので、継続して塗布する事が大切です。


Q:シーラントって?

A: 奥歯の溝が細く深く複雑な形をしている場合、歯みがきをしてもブラシの毛先が入らず汚れが残ったままになってしまいます。シーラントは、この溝をあらかじめ樹脂コートする事でムシ歯予防に効果を発揮します。シーラントには、フッ素が含まれています。コートされている間は、持続的にフッ素が歯に吸収されますので、歯を強くする事ができます。
・3ヶ月に1回、定期検診をお受け下さい。
・シーラントは、次第に磨り減ったり剥げてきます。

矯正歯科について

Q:歯並びが悪いとどうなる?
 

A: ・ムシ歯や歯槽膿漏になりやすい。
  ・よく噛めない。
  ・顎の成長、顔の形にも影響する。
  ・発音しにくい。
  ・口元が気になる。(コンプレックス)


Q:何歳頃に相談したらいいの?

A: 症状によって、治療開始時期が違ってきます。気付いた時点で、なるべく早くご相談下さい。当院では相談料は無料ですので、お気軽にどうぞ。


Q:大人でも治療できますか?

A: 大人の方でも、矯正治療を受けている方はたくさんいらっしゃいます。78歳の治療例もあるくらいです。


Q:矯正治療にどのくらいの通院が必要ですか?

A: お口の中に装置が入ったら月に1度です。

口腔外科について

Q:親知らずって抜いたほうがいいの?

A: 正常に生えていて1本の歯として機能しているなら抜歯の必要はありません。ただ、親知らずは正常に口の中に生えてこないケースが多く見られ、手前の歯に途中まで生えてきてひっかかっている場合や、最初から完全に真横を向いて顎の骨の中に寝ころんでる場合などが多く見られます。
殆どの日本人には親知らずが正しく口の中に生えるスペースが不足しており、その存在条件を満たしていないことが多いのです。また、そういう親知らずは歯と歯肉の間に食べかすが溜まったり、歯ブラシが届きにくく不潔になり細菌感染を起こしやすくなります。たびたび腫れや痛みを起こすようでしたら、抜歯が必要です。
当医院では口腔外科の医師もおりますので、まずはご相談下さい。


Q:インプラント治療とは?

A: 失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そのうえに人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためがたついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。ただ、顎の骨の厚さによってはこの治療法に適さない方もいらっしゃいます。
当院でもインプラント治療を行っていますので、ご希望の方は、お気軽にご相談ください。